形状記憶デジタルパーマなら岡山市の美容室Clickへご相談ください。



■デジタルパーマ(形状記憶パーマ)
ノーブローでアイロンやカーラーで巻いたような感じに近い仕上がりになります、コンディションにもよりますが、矯正、ヘアカラーなどいままでかかりにくかったり  すぐ取れてしまうような方でも通常のパーマと比べて綺麗にかかります。ドライカットとの相性も好く自分でもスタイリングが簡単にできます。



■乾いた時に出てくるカールが特徴です。。
普通のパーマのは、ぬれる時にカール、ウェーブが出ます、そのパーマをブローやセットしたり、 ムースなどのスタイリングをつけてウェーブにしたりします。 きちんとブローやスタイリングしないと思い通りのスタイルにならなかったり、 ゆるくかけるとすぐにとれてしまったりします。

デジタルパーマでは、濡れているときはカールやウェーブはあまり出ませんが、、 乾かしていくと、カールやウェーブが出てきて、希望のスタイルが再現出来ます。
乾かす時、ドライヤーの熱により形状記憶するので巻き髪風やふんわりウェーブ風などのスタイルも アレンジ可能でスタイリングが簡単に出来るのが最大の長所です。

■形状記憶って何?
簡単に説明すると、普通、水分で切れて乾燥でつながる毛髪中の『水素結合』(セットやブローで使う)という構造をパーマ剤と温熱効果(乾燥)でカール状につながるように形状記憶させてしまうと言う原理です。 普通のパーマではシスチン結合をつなぎ変えますが水素結合はコントロールできず乾いてもカールになろうとしませんのでスタイリング剤での固定またはセットが必要になってしまうのです。
デジタルパーマでの形状記憶効果では、髪が乾いた時に80℃以上の熱が加わった時の形状を髪が記憶するという特性があります。
■特徴は?
適度に加温するロッドを使用する技術のことです。デジタルパーマの特徴はロッドの温度をダメージから守るため高熱になりすぎないようにデジタルコントロールで管理します。
トップの髪がベタッとするような方のボリューム付け,今までパーマがうまくあたらなかった(落ちやすい方),傷んでいてきれいにパーマがあたらない方,ホットカーラーやアイロンのセットがあまりしたくないという方,矯正パーマの毛先にパーマをきれいにかけたいという方にピッタリです。
簡単に乾かしておくだけで朝のセットも簡単になります。
形状記憶パーマはぬれている時はカールはあまりでていませんが乾くとアイロンやホットカーラーで巻いた様な(かかり具合は自由に設定できます)仕上がりになります。
■施術方法は?
アイロンを使う縮毛矯正(160℃〜180℃)や床屋さんのパンチパーマ(180度前後)とほぼ同じで1剤処理後 1剤を流してから温熱処理・2剤処理していきます。デジタルパーマは、より低い温度(80℃〜100℃)で効果が出るように機器でデジタル制御しますのでダメージが少なく、柔らかで自由にスタイリング可能なカールが表現できるわけです。

☆このパーマのカールははっきり言って『目からうろこ』です!


■Clickのデジタルパーマは・・・?
『デジタルパーマは髪が痛むの?』『デジタルパーマはあまりカールが出ないってホント?』・・・最近よく お客様に質問されます。今ではデジタルパーマも普及し、色々な美容室で行っています。デジタルパーマで 失敗されたお客様が来店されて相談される事も多くなってきました。 確かにデジタルパーマは縮毛矯正やパンチパーマなどの理論に近く、施術法や薬液選択等でハイダメージを引き起こす場合もあります。
詳しくは企業秘密なんですが、Clickではオリジナルの薬液を使用し、施術方法も他店に無い工夫を施す事により、 ダメージも無いとは言いませんが通常のパーマと遜色ないぐらいで、カールもしっかり出るデジタルパーマに成功しています。
他店でデジタルパーマで失敗した経験のあるお客様も是非一度ご相談ください。



〜ヘアサロンメニューのパーマ、縮毛矯正等の施術例をブログ形式で紹介しています〜

ヘアスタイル ギャラリー 各種パーマ編


岡山の美容院/美容室Clickのお勧めパーマ

デジタルパーマのQ&Aページ



岡山の美容院/美容室Click

メインページ | デジタルパーマ | 縮毛矯正 | ヘナカラー | インフォメーション


岡山県岡山市南区西市852-4 TEL 086-245-2288
岡山の美容院/美容室Click