岡山市の美容院 Click


知らず知らずの間に貴方の髪はコーティング剤でこんなに傷んでいます。

シャンプー・トリートメントやスタイリング剤に含まれるシリコンやカラー、パーマ剤にはシリコンと同じような感触向上剤と呼ばれる物質は含まれていたり、縮毛矯正やM3D、リマイン等など、 シリコン以上のコーティング物質の樹脂成分などが多くふくまれるモノもあります。

これら髪の表面をコーティングする表面処理剤が髪を傷める一番の原因だと思われます。



■カラーやパーマの施術前にケアで髪をコーティングしていると髪を痛めます!

カラーやパーマの施術前に髪をコーティングしていると、 パーマ液等が髪の内部に浸透しにくくなり、時間がかかります。薬液は表面のコーティングを溶かそうとしますが、 薬液はコーティング剤もキューティクルもわからないため、同時に髪のキューティクルも溶かしたり、 傷つけたりします。

そしてなんとか薬液は髪の内部に浸透してパーマやカラーをします。 こんな感じでキューティクルはドンドン痛んでいくのです、しかしその後、薬液の成分の コーティング剤がもう一度表面をコーティングしてくれるので、手触りなどでは痛んだ感 じがしませんから、している本人にはわからないんです。

またホームケアなどでもマイル ドなシャンプーやコーティング効果のあるケア剤を使用すれば、表面的な手触りはいいかも 知れません。しかしその時はわからないけど後で傷みが出てくるのです。



■施術後にコーテイングや手触り重視のホームケアを続けると?

パーマやカラーの薬液が髪の内部に入ったまま表面をコーティングしてしまうとそ の薬はどこに行くのですか?

この事にダメージの大部分があります。薬液にあるアル カリ剤などの良くない成分が髪の内部に閉じこめられて長期間残留してしまうのです。

とくに縮毛矯正の樹脂などは半年以上持続する事もあるぐらいです、半年間も髪の中に強 いパーマ液が入っているなんて恐ろしいですよね?アルカリ剤などは髪の大事なタン パク質などを溶かしてしまいますのでドンドン髪は痛んでいきます。

あるメーカーの実験では、普通のカラーでもマイルドなシャンプーを使用すると一ヶ月程度の間、薬品 が髪の内部や毛穴に残留するという結果が出ています。これでは当然髪を傷めてしまいます。



■トリートメントをすると髪は痛みます?

ほとんどのトリートメントやコンディショナー類は内部に栄養を補給し、表面をコーティングしています。
しかしパーマ・カラーしている方がコーティングすると薬液の悪い成分を髪に残留させ内部を痛めてしまいます。

しかも美容室で行う本格的なトリートメントほどサラサラで持ちが良いのでより髪の内部に薬液を残留させて髪を傷めてしまいます。




本当のヘアケア
ヘアダメージの仕組み
髪をコーティングすると?
ヘアケア商品の選び方
シリコン成分について
シャンプーの洗剤成分
TOPページ



岡山県岡山市南区西市852-4
TEL 086-245-2288

岡山の美容院/美容室Click