岡山市の美容院 Click

ダメージの少ない縮毛矯正


■なぜ縮毛矯正は痛むの?

縮毛矯正の薬にはどんな物でも必ず樹脂といわれるコーティング成分が配合されています。
これは簡単に言うとサランラップのような物で髪の表面に皮膜をはります。いわゆる表面コーティングする状態です。

髪の毛を一本一本ラッピングするようなものですので当然サラサラでツヤが出ます。一見よさそうですが、髪の内部にパーマ液を閉じこめてしまうのです。



■パーマ液が髪の中に入ったままだと?

パーマ液にはアルカリ剤などの薬品が使われていますので、当然髪を痛めます。
髪のタンパク質を溶かしていったり内部の組織を破壊していきます。矯正に使われている樹脂は3ヶ月〜半年以上持つ物 が多く、その間に髪の中はパーマ液でドンドン痛められてしまいます。

このように矯正で髪の中は痛んでいきますが、表面的にはキレイなので自分ではダメージに気づきません。
矯正を繰り返し行うと、また表面をコーティングするので手触りでは解らない場合もありますし、美容室によってはシャンプーなどの ケア剤をマイルドなタイプを勧めたり、痛んできたらトリートメントをしたりなどでダメージを解らなくする事が多く、 表面的にはダメージがわからなくても髪の内部はダメージが進行していきます。



■縮毛矯正の後にしてはいけない事!

◎繰り返し同じ部分に矯正をする。
◎シャンプーをマイルドタイプにする。
◎矯正後にすぐにパーマやカラーをする。
◎トリートメントやケア剤を使用する。

これらを行うとより表面のコーティングが残って内部の痛みが激しくなっていきます。


Clickオリジナル縮毛矯正
縮毛矯正のアフターケア
縮毛矯正とは?
STYLEページ
TOPページ



岡山県岡山市南区西市852-4
岡山の美容院/美容室Click