アルツハイマーになっても笑顔のおかん・・・

俺のオカンはアルツハイマー病のボケ老人だ。

3年前までは俺は一人息子だった、その後は施設によく行く嫁が、娘になって俺は娘婿って事になる。。。当然だ。

ちょっと前までは、たまに店に連れて来てカットしてると親戚のおばはんに

「なんか知らんけど、美容院の夫婦がよくしてくれんよ〜!」

どうやら俺らはボランティアの美容師夫婦にでもなったみたいだ。

最近ではガラの悪いおっさんを見る感じで、まるで不審者扱いをしやがる。



親父は小学校の時に死んでいるのでオカンは田舎の散髪屋でおっさんの髪切って俺を育ててくれた。

小さい頃、オカンと良く行ったのが天満屋(当時岡山で唯一のデパート)だ。バスに乗り、必ず1階から8階まで回るという、 昭和の一般庶民の定番娯楽を良く覚えている。あとコイツがまた料理が下手でな〜とくに弁当を作らせたら天下一品だった、 センスを微塵も感じさせない黄土色の弁当箱におにぎりが半分ぐらい、あと玉子焼きとウィンナー、とどめにたくあんが20切れだぞ。 20だぞ〜小学生がたくあん20切れ入った弁当持ってきたらどうする???しかも玉子の黄色、ウィンナーの赤、たくあん の黄色・・・色彩センスも無しだ。一度、小学校の時に女の子が遠足の弁当にサンドイッチを持って来ててな、オカンに 頼んだら、センスの無い入れ物の中がすべて玉子サンドだった。。。全部だぞ〜色的に言うと全部黄色だ・・・

とまあオカンの思い出は数々ある(^.^)

小学校までは運動も勉強も出来る自慢の息子だったが、中学校ぐらいからおかしな格好をしだして、高校も 退学になるし、ほんとに極道モンのアホ息子である。

オカンのボケるまではしゃきしゃきの強気ババァだった、多分俺の傍若無人はオカン譲りだと思う。

よく喧嘩もしたし、大きくなってからも優しい言葉の一つも言ってない・・・

そんなアホ息子もじいちゃんになり、やっと最近わかった事がある。

小学生の時以来、オカンと出掛けたり、家でゆっくり正月なんてのは俺が結婚して子供が出来てからだった。

長女や長男が小さい頃はよく一緒にすごしたよな。もしかしたらこれが一番の親孝行だったのかな?って・・・ 前にどっかの心理学の教授のセミナーで「子供が小さい時にかわいい〜!」っていうのが親孝行で小学生ぐらいまでに みんな親孝行しているそうだ。俺も最近子供が大きくなってそう思う。

オカンも口がわるかったんで、よく孫にぶつぶつ言ってたけど、きっとお前は嬉しかったハズだ!

絶対にそうだ!俺が早く結婚して子供が出来たから楽しかったろ?

親父なんて小学校の俺しか知らんのだからな・・・



アルツハイマー病には一応効くか効かないかわからんような薬がある。でもうちのオカンはその薬のせいか鬱病ぎみに なってしまった。すごく暗い顔して下向いて寂しそうだ。

医者が言うには薬のせいか、アルツハイマーの中期によくあるそうだ。そこでその薬を止めるかどうか相談された。

う〜〜〜ん〜悩むぞ・・・一人息子で親父もいないので俺が決めるしかない・・・

薬を止めれば、もっとアルツハイマーが進行するかもしれん。でもこのままの暗いババァもかわいそうだ。

悩んだ結果、俺は思った、 陰気くさい半ボケのババァより、明るくノウテンキなババァのほうが幸せじゃないのか!? もう俺の事や孫の事なんか覚えてなくても、残りの人生を明るく過ごして欲しい・・・ という事で医者に言って薬を止めた。おかげで明るいボケ老人になり笑顔も見えるようになった。

これでいいよなぁ〜オカン!?



この前おかんの施設に孫を連れて行ったがオカンは寝ていてまったく起きなかったが心配するな!

お前の横に勝手にお前にひ孫を寝かせて記念写真撮影してやった!

これでひ孫が大きくなった時に言ってやる、お前のひいばぁちゃんはボケてたけど、明るく笑って楽しいヤツ だったよ〜!ってな(^.^)


平成21年8月


MAINページへ戻る



岡山県岡山市南区西市852-4
TEL 086-245-2288

岡山の美容院/美容室Click